2018年9月11日火曜日

幼稚園の遠足

親子遠足と称して年に1回の遠足がある。幼稚園は3年だから1年1年違うところへ行くようにしている。今年は大洗の水族館だ。来年は海浜公園で次の年は日立にあるかみね動物園に行く。
年に一回しか行かないのだから、保護者の皆さんもなんとか時間を作っていくようにしている。今は昔と違って専業主婦が非常に少なくなってきているので、予定が天候に左右されて延期にでもなったら次の日を作るのに大変だ。最悪の場合中止ということになる。親子遠足なのに親子で行けなければ意味がない。以前は知り合いの保護者に頼むということがあったけれど、大人の関係が熟していないのか「頼む」ということが安易にできないようだ。それでも親子で行けることが何よりも一番だ。

子どもの笑顔は親子で食事をするときで、狭いところに手作りのお弁当をいっぱいに広げて話をしているときと、買い物をねだっているときだ。これは古今東西変わることがないだろう。幸せいっぱいの子どもの笑顔はこれに勝る癒しはないだろう。

ところで、このブログ始めてから15年ぐらいたつけれど、小学校を作ったときの身を削るような苦しい時があったけれど、そのような歴史を綴ってあったものが、いやそれだけではない幼稚園経営のその時々の喜怒哀楽のようなことが綴ってあったものが、業者の手違いだか、幼稚園側の話がうまく通らなかったのか定かではないのだが、消えてしまったという。これは幼稚園の宝であるのでこのまま放置するわけにはいかない。そんな大切なものを認識していないというのが何よりも許せないではないか。

どんな謝罪の言葉をいただいても許せないので、現況復帰が一番である。今後のやり取りは文書でやるのがよい。インターネットのやり方を、業者の言うがままに新しく変えたというのが大きな失敗だったのではないか。

2018年9月3日月曜日

初等中等学部現況報告

先日我が校田んぼも稲穂をつけそれなりに田んぼらしくなって、周囲の田んぼの稲穂にも多少の劣等感を持ちながらもどこか胸を張っていたものだったが、何ともう稲刈りを終えてしまったところがちらほらと見える。大器晩成型などとうそぶいていても、ただ近くの田んぼよりも田植えの時期が3週間ほど遅かっただけの話だ。稲刈りをし、脱穀をして、精米して食べられるようになれば同じ米としておいしそうなご飯に変身するはずだ。学校で取れた米はすべて学校給食となる。もっともよく計算をしてみると、自作の米を食べるより買って食べた方が安上がりだ。しかし学校には教育的見地というのがあって、米作りが子どもたちに及ぼす影響などをしっかりと考慮し、精査してこれからのことを考えたい。思い浮かぶのは田植え前の田んぼで『泥んこ祭り』をして、生徒も教師も真っ黒になって楽しんでいる姿がある。

先日の土曜日に中学生向けの学校説明会があった。幼稚園から中学までの保護者との付き合いがある。親は子どもの成長とともに喜んだり悲しんだりする。喜びばかりならいいけれど、人生の中でそんな都合のよい話はない。要は自分の欲求が深ければ深い悲しみに襲われたりするが、それが成就した場合にはとてつもない大きな喜びに変わる。こう考えてみると自分の人生は喜怒哀楽とともにある。いかにこれを苦しみの少ない喜びに満ちた人生にするかは欲求との相関関係にある。一つ言えることは、子どもへの過大な要求を突きつけないことだ。普通であればよいというのなら、うちの子は全員が普通以上の能力を持っているし、キャリアを言うならばどの子も人にやさしいではないか。社会に出てこれ以上の人間力はない。また優しさがないと、どんなに優秀な学力を持っていても大成することはない。これは人間社会の鉄則である。

プレイデイ

土日と素晴らしい天気に恵まれて初等中等学部の校庭を借りてプレイデイを行った。場所が広いから何でも出来そうな気がする。ただ交通アクセスが少々難題のような気がする。あの大きな滑り台は初等学部のファミリアが作ったものだ。テーマが公園で公園にあるものを調べ、自分たちで作れるものを考え出し...