2020年11月27日金曜日

保育参観が終わった

 両園ともに全学年の保育参観が終わった。どちらも最後の参観は年長さんだったけれども、一応は「遊園地つくり」とか「年長ランド」という風に銘打っている。どこかでやっているような制作展である。小物を作ってテーブルの上に並べるというのではなくて、部屋全部を使ってとかホールを使ってというようにダイナミックなものである。

 出来上がったものを見ると「あおば台の年長はすごい!」と感嘆せずにはいられない。彼らはこれらを設計図つくりから始めるが、その設計図を見せてもらっても何が何だかさっぱり解らないものが多い。しかし彼らには明確にわかっているのだろうと思い、執拗に解説を求めるようなことはしなかった。できたものと設計図を比べてみてもわからないが、子どもたちの中では出来上がっている。もっとすごいと思うのはそれらをグループのみんなが理解しているということだ。中には私と同じように理解できないという子もきっといたはずであるが、作っているときには、一緒になって無我夢中になって作っているのだからやはり「わかっていたのかな」ということになる。

 目をキラキラさせて作っていて、出来上がった時には仲間同士てどんな会話をしたのだろうか。保育者の誰かがきっと子どもたちの呟きをメモしているはずだから、集会の時に聞いてみようと思う。自分たちで考えたものを、仲間と同じ目標をもって一心不乱になってやり通すということは素晴らしいことだ。拍手を送ってやりたい。

  

2020年11月9日月曜日

幼小連携ということ

  幼小連携というのは10年も前に言われていたことだが、どのように手を付けてよいのかわからなかった。文科省の上意下達のようなもので出来上がるけれど、もともとの発端は小学校へ上がったばかりの新1年生が、落ち着きがなく集中力がなく学級崩壊に近い状態が続いたということから始まった。それは幼少共に学校理解や幼稚園理解が足らないのではないかという漠然とした結論しか出てこなかった。中には一方的に幼稚園での自由保育が原因だなどという根拠にもならないことを言っていた教育評論家もいた。それは発達理解を正しく認識していない所業であると今なら堂々と言える。その当時も、保育でいう「自由」を分かっていないと憤慨していたものであった。「自由保育」は当時ではとてもマイナーな保育形態であって、あおば台では「自由保育」とは言っていなかったし、多くの人たちが「自由保育」を理解できないでいた時代だ。 

 そんないわくつきの幼小連携のプログラムが、土浦市の教育委員会の手によって立ち上げられることになった。教育委員会の二人の校長経験者が中心となって模索していたところである。幼稚園側としての窓口が私であるけれども、どの辺から始めたらいいのか見当がつかなかったが、二人の校長経験者のインテリジェンスに委ねて、スタートカリキュラムだかアプローチカリキュラムらしきものができる運びとなった。

 当園では12月5日に初等学部で、初等学部の1年生から4年生までの生徒主導による幼小交流を行った。幼稚園の人数が多くて小学生はまとめるのに大変だろうと思っていたが、それは単なる危惧に終わってみんなで楽しくできた。幼稚園の子どもたちは、小学校のお姉さんやお兄さんの話をよく聞いてニコニコしていてとても楽しそうな笑顔を見せていたし、小学校の児童はとても礼儀正しく、驚くほど好印象であった。食事をしてみんなで外へ出て遊びだすと、小学校児童が造った滑り台がとても人気があって、その周りには長蛇の列と一重二重の群れができた。初等学部は最近行かなくなってしまったが、久しぶりに行っても、子どもたちは礼儀正しいし、何よりものびのびしていて子どもたちが子どもらしくしているとても素晴らしい学校だとしみじみと思った。本当はだれでも行きたくなるような学校だと思うけれども、まったく当てのない受験に捉われている家庭には不人気だ。今を幸せに生きられなくては将来も幸せにはなりにくいだろう。

 アメリカではトランプが負けた。どちらも傷だらけの戦いになってしまったが、トランプ氏もバイデン氏も醜聞が絶えなかった。日本ではここまではやらないだろうというのがある。アメリカの大統領は世界の大統領みたいなものだから、トランプ氏も往生際が悪い。往生際の悪いのは日本も同じだ。自民党が担ぎ出した参議院の夫婦も買収で逮捕されていながら、歳費を受け取っている。次に立候補してもほとんど返り咲くことはないだろうが、自分からは辞めない。議員は自分から辞めないなら、IR汚職を含めて逮捕された時点でいったん議員辞職をして次に審判を受けたらいい。日本学術会議など国民的疑問でないことに時間を使わないで、このことをはっきりさせた方が国民の意思に沿うことになるだろう。議員は法律を盾に仲間には非常に甘い。まるで自分を弁護しているようだ。佐川という官僚のこともこれで決着などとあまりにも国民をなめてやしないか。

 





 

2020年11月4日水曜日

アメリカ大統領選

  日本のマスコミやアメリカの予想はバイデンガ圧倒的であるけれども、前回の民主党のヒラリーとの戦いでは最後にトランプの勝利が確定された。今回の下馬評でも民主党のバイデンが有利であるけれども、ある情報によると「バイデンは絶対勝てない」と言っている人がいる。それは副大統領の時にえげつないことをして利益を家族で分配したという噂があるからだという。彼は米国に住みスタンフォード大学の教授であるから、かなりの信ぴょう性がある。彼らの汚職は日本の汚職よりも数倍の金額が動くから、まったく桁違いと言っていい。トランプも金持ちだけど、政治権力の中で賄賂のようなものを集めたわけではないから、金持ちでも質が違う。

 アメリカ大統領に誰がなるのかは興味津々というところだ。トランプの強引な手法が気に入らないという人が多いけれども、トランプでなければ今の中国のやり方に対応できる人はいないように思う。日本は外交が弱いということではなく国としての力がないのだから、トランプにすがるしかない。拉致問題を解決できる政治家はいない。「やります」と言ってもやれない。力がないからだ。中国が尖閣列島周辺で日本の漁船を追い回していても、日本の経済水域にきて魚を獲っても何も言えない。「遺憾の意を伝える」と言ってばかりでは相手は痛くも痒くもない。とにかく無法者相手には武力で威嚇する以外にないけれども、日本の警備艇に積んであるのは水圧銃と言って、水鉄砲である。相手は重装備の警備艇だというのに。これは日本の政治が悪い。国を守る気概が感じられない。日本の漁民をどのようにして守るのだ。うまい寿司も食えなくなるだろうが。と思うとトランプが勝たなければだめだ。

 日本は今や政治も経済も三流であることを自覚しなければならないだろう。だから気取って国連に拠出金など出さない方がよいし、敵国条項を無くしてもらわなければならない。国連が拉致問題を解決する方向へ向いたことがない。国連が中国の領土拡大について、間に入って止めようとした素振りも見たことがない。あまりにも国連を重要視しすぎるのではないか。あまりにも役に立たない国連貴族を養っているだけだ。


生命力

  どろんこの中で体を横たえてけらけらと笑っている。何がおかしいのか、何が楽しいのかなんだかわからないけれど、腹を抱えて笑っている子もいる。泥の中からむっくりと起き上がって、子ども同士は顔を見合わせて笑っている。肩を震わせて笑っているから、きっと何か楽しいことを見つけたのかもしれ...