2021年2月16日火曜日

両園ともに発表会が終了した

  年長さんはある程度やってくれるだろうなと思って送り出すことができるけれど、年中の場合はどこにどんなものが潜んでいるかがわからないので、始まるまでは不安と期待でいっぱいである。うまく舞台に上がれるかとか、舞台に上がったところで自分のセリフが言えるのだろうかなどと、いらぬ心配があるけれど、見事にそんなつまらない心配を吹っ飛ばしてくれた。舞台に上がるだけでもかなりの葛藤があると思っているのだが、案外子どもたちの中では払拭されているということが分かった。とはいえ毎年同じことで心配している。

 年長さんは、劇をやる仲間が決定し劇の内容を理解すると覚えるのは早い。劇の脚本の良し悪しでうまく流れるかどうかが決まるので、教師の力量に左右されることは大である。といってもプロの脚本家ではないので、教師も手探りの状態でうまく流れて子どもたちに満足を与えられるかどうかが心配のしどころである。幼児期の劇遊びは難しいと言われている。だから劇をとる発表会は意外と珍しい。それは発達の中で客観して物事を見つめる能力がまだ備わっていないからだ。それは正しいと思うが、私が目指しているのは、そのようなプロの目線ではなく、劇遊びの中で対人との関わりを通して、相手の考え方を少しでも感じ取れればいいと思っている。劇の指導はそれが中心となっている。だから振り付けなどの指導は殆どない。

 オリンピック大会長の人選が難航しているようだ。マスコミが徹底して煽っていて森会長を下したが、そのあとは考えていない。橋本聖子五輪大臣の名前が取りざたされているけれど、橋本さんは森総理だったか幹事長の時の子飼いだったのではないか。その人が森会長の後継者などなれるはずがないじゃないか。橋本さんもその辺のところは承知しているから固辞するのは見えている。JOCの委員長がなったらいいのではないか。マスコミは火をふったけても収めることができない。普通はマッチポンプと言って、火をつけたら消すこともするものだ。なぜオリンピックを辞めるとマスコミ各社が言わないか。スポンサー契約をしているからだ。本来中立的な報道ができないから、スポンサー契約はしないものだが、東京大会だけは別らしい。オリンピックが中止になったら莫大な損失を生むだろうから大変だ。彼らも普通の人間だ。ずるい!

生命力

  どろんこの中で体を横たえてけらけらと笑っている。何がおかしいのか、何が楽しいのかなんだかわからないけれど、腹を抱えて笑っている子もいる。泥の中からむっくりと起き上がって、子ども同士は顔を見合わせて笑っている。肩を震わせて笑っているから、きっと何か楽しいことを見つけたのかもしれ...