2021年4月27日火曜日

息もつかずに

  息もつかずに走りすぎた。だからと言ってゆっくりと休もうという気持ちにはなれない。ゆっくり休むということがどのようなことを言うのかわからない。休むというよりは転機となった今までの足跡を反省を交えながらゆっくりと検証していってみたい。ちょっと待てよ、そんな時間はないので思いついたことを書いてみよう。

「徒然草」を書いた吉田兼好は心に留まった日常の出来事を書き留めたものが徒然草になったらしい。徒然なるがままに書いたのだろう。彼の場合は日本で初のジャーナリストとも言われているから、その文筆の鮮やかさは凡人の比ではないだろうな。

 ともあれコロナワクチンの分配が遅すぎる。ワクチンの入手だうまく行かないのを見越して大臣を河野太郎に押し付けたのではないだろうけれど、うがった見方もしたくなる。なんといっても責任を取る人の顔が見えないから。インドの新型が猛威を振るっているけれども日本では要注意株に指定されていない。1日に何万人も死んでいるのに日本では水際対策をしているというだけで指定していない。人が死ぬというのに決断をして指示を出せる責任を取る人がいないのか。大臣が指定すればそれに従うのに、進言する勇気のある者もいないのか。このところ官僚が嘘を平気でつくから信頼が置けないけれど、政治家が嘘をつくのは今日に始まったことではないけれども、しっかりとした高潔な人が出てきてもよさそうだ。

 自民党が国政選挙で3連敗した。いずれも補欠選挙であるけれど、広島・長野・北海道の選挙区である。当然のことながらマイクを向けられると「国民の声を真摯に受け止め、反省するところはしっかりと反省し、次の選挙では頑張っていきたい」とぬけぬけと負けた時の同じセリフを言っている。私は政権は自民党が取らないと日本の国は沈没するか破壊してしまうと思っているから、自民党に頑張っていただきたいが大物がいないみんな小づくりだ。小泉政権の時には財務大臣がインチキだったけれども本当に自民党を壊してしまった。日本を壊したのではないから許せる範囲だ。阿部政権はアドバルン疲れで結局何をしたのか見えない。アベノミクスなどと言って3本の矢にたとえデフレ脱却をスローガンにしたが何も変わってはいない。菅政権ではもっと分かりにくい。阿部政権の嘘つき閣僚や官僚の負の遺産があってそれを引きずっていくのは大変なことだが、責任を取ろうとしない投げ出し体質は残っている。何とかならないのか自民党。

生命力

  どろんこの中で体を横たえてけらけらと笑っている。何がおかしいのか、何が楽しいのかなんだかわからないけれど、腹を抱えて笑っている子もいる。泥の中からむっくりと起き上がって、子ども同士は顔を見合わせて笑っている。肩を震わせて笑っているから、きっと何か楽しいことを見つけたのかもしれ...