2021年4月26日月曜日

書きたいことが沢山ある

  東京では3回目の非常事態宣言となった。非常事態というのは読んで字のごとくであって、そう簡単にしょっちゅうあったのでは困るし、オオカミに食べられた少年のようになってしまう。だからあまり緊張感がない。慣れっこになってしまう非常事態宣言ではあまり期待は持てない。コロナのワクチンにしても2回打つという話は聞いているけれど、なぜ2回なのか、2回打てばもう必要ないのかなどアナウンスが不親切である。もしかしたら私たちが人体実験に利用されているのか疑ってしまう。世界的に必要なワクチンである。莫大な資金が必要であるから小さな国や貧困が激しい国などはワクチンを国で買うなどのことは大変難しいだろう。先進国などはいち早く連携をとってワクチンを確保している。中国でワクチンが余っていると聞くがマッチポンプみたいな話だ。オリンピックと同じように、これも政治家がらみで大きな金が動いているのだろう。なぜオリンピックをやらなければならないのか誰もが不審に思っているはずだ。無観客の話が出ているくらいだから観客のためだとは思えない。それならアスリートの為なのかというならば、それだけならば今年中にオリンピックをやらなくても来年に延ばしてもいいではないか。誰がどうしてもやらなければならなければならないと言っているのか、その糸を手繰っていくと世界的な経済マフィアに行きつくのではないか。世界がコロナに参っているときに、選手が可哀そうだなどの情けは不要だろう。

 



生命力

  どろんこの中で体を横たえてけらけらと笑っている。何がおかしいのか、何が楽しいのかなんだかわからないけれど、腹を抱えて笑っている子もいる。泥の中からむっくりと起き上がって、子ども同士は顔を見合わせて笑っている。肩を震わせて笑っているから、きっと何か楽しいことを見つけたのかもしれ...